鹿児島 温泉.netは、鹿児島県内の温泉(家族風呂・貸切風呂・共同湯等)だけを紹介しています。鹿児島温泉は、霧島温泉、指宿温泉だけではありません。

鹿児島 温泉.net > さつま町 > さつま町健康ふれあいセンターあびーる館

さつま町

さつま町健康ふれあいセンターあびーる館

さつま町健康ふれあいセンターあびーる館

さつま町健康ふれあいセンターあびーる館は、さつま町神子にある温泉と温水プールの
立派なセンター系温泉施設です。

あびーる館には、一通り温泉の種類はそろっていますが、
なんと言ってもここの一番のおすすめは、釜風呂でしょう。

あびーる館の釜風呂は、いわゆる、ミストサウナなのですが、
マッタリトした汗がかけて、気持ちよいこと、この上ないです。
この施設で、入浴料300円は、お得ですよね。

お湯は、アルカリ性単純泉の、加温、加水、塩素系薬剤投入循環湯ですが、
これだけの大きさの湯船を満たすには、やむを得ないのかもしれません。

2階には、食事処とちょっとした休憩室、その横にはマッサージを
してもらうスペースがあります。

そうそう、あびーる館の家族湯は、2時間1500円の入浴料で入れて、
おまけに個室付き。おすすめですよ!



さつま町健康ふれあいセンターあびーる館の露天
あびーる館の露天風呂です。

さつま町健康ふれあいセンターあびーる館
サウナの外に、氷がおいてありました。食べるために?

さつま町健康ふれあいセンターあびーる館
さつま町健康ふれあいセンターあびーる館の脱衣場。

さつま町健康ふれあいセンターあびーる館
さつま町健康ふれあいセンターあびーる館の飲泉場。

さつま町健康ふれあいセンターあびーる館
さつま町健康ふれあいセンターあびーる館のプール。

さつま町健康ふれあいセンターあびーる館
さつま町健康ふれあいセンターあびーる館の外観。。

【さつま町健康ふれあいセンターあびーる館】
【住所】  :鹿児島県薩摩郡さつま町神子228-7
【連絡先】 :0996-31-5015
【入浴料】 :300円 家族風呂2時間1500円(予約制)
【営業時間】:9時~21時半
【泉質】  :アルカリ性単純泉、加温、加水、循環、塩素系薬剤使用、泉温49.3度
【アメニュティー】 :100円リターンロッカー、ドライヤー
【入浴日】 :2005.06.23
【関連HP】 :
【その他】 :プール300円

コメントをどうぞ

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

  

コメント

あびーる館を利用して
 出水の利用者ですが、もう何回利用しただろうか。5,6回ぐらいではないだろうか。今日は約七ヶ月ぶりではないだろうか。何か変化があるだろうかと期待しながら行きました。
 まず目に付いたのは、入り口で履き物を脱いでお上がりくださいの注意事項。
又商品棚には新しい多くの品物が陳列していたようでした。
しかし全体の感想を述べさせてもらうと、少しずつ行き届かなくなっているなという印象を持って帰りました。
まず脱衣場
 ここからの中庭の松の木が半分枯れいかにも元気のない様子。
 近くの飲料用の温泉水も出ていませんでした。
 アンケートボックスはあるものの用紙も入っていません。最初の頃はあったのにどうしたのでしょう。もうアンケートは十分聞いたと言うことでしょうか。それではどの程度採用されたのでしょう。次に
 前記の履き物の件
 私も最初来たとき間違いました。むしろ自ら脱靴するような絨毯であれば皆そうするのではないですか。 絨毯が素足で歩くほどきれいですか。スリッパもありませんし。上の食堂を利用するとフロアの素材が冷たくて冬はせっかくの温泉上がりでも足先から冷えて帰らなければなりません。
食堂の件
 今日も食堂を3名で利用しましたが、いつも座っていたテーブルに座ろうとしましたら、いきなり「そこには座らないでください。」と初めて注意を受けました。びっくりしました。そこは一番長いテーブルでしたので多くの客を期待してそうおっしゃったのでしょうが、帰るまでそこのテーブルには誰も座りませんでした。
 
陳列棚の商品について
 前記の土産物陳列台、品物は揃って結構ですが、帰ってからおやつにと思い白いカルカンを買ってきましたが、帰ってから見てみると賞味期限を一日過ぎていました。よく見なかったこちらが悪いのですが、賞味期限を切っても販売し、支払い時に売店の係の人は気づいても売ったのでしょうか気づかなかったのでしょうか。
以上気づいたことを述べさせてもらいました。
温泉の質と設備は最高と思っているだけに期待を込めて述べてみました。
 限られた予算、人件費と大変でしょうが参考になれば幸いです。
M,K

投稿者: MK | 2011年05月10日 10:58